店舗買取店とネット買取店の違い


当サイトで紹介している買取店は、主にインターネット上で展開しているお店です。
街にある店舗型の買い取り店との違いは何があるのでしょうか?

店舗型買取店の特徴

店舗型買取店は街で見かける怪しい店から、大黒屋やコメ兵などの有名店まで様々なお店があります。
大黒屋などは至る所で見かけますし、すぐに買い取ってもらえるというメリットがあります。
荷物を運んだり、移動する手間がありますが、サクっと買取してもらえる点はポイント高いですよね。
しかし、店舗では査定後に断りづらい雰囲気があったり、他店と比較できずに安い値段で買い取られてしまうようなケースもあります。
また、在庫がたくさんある品物は、極端に買取額が落ちてしまうことがあるようです。外からではそんな状況は見ることができないので、不安になりますね。。
このような不安を色々考えていると、結局お店選びに疲れてしまったりします。

ネット買取店の特長

スピード買取jpのようなネット上の買い取り店は、店舗型の買い取り店に比べてまだまだ知名度などで劣っています。
しかし、ネット店ならではの強みもたくさんあります。
・店舗よりも高い買取額を実現
店舗の運営には、お店の賃貸料や人件費などかなりのコストがかかります。
しかし、ネット店は店舗を持たないので、これらのコストを削減することができています。
削減したお金を買取額に還元しているので、店舗型買取店よりも高い買取価格が実現できています。

・買い取りの申し込みは24時間受け付け
店舗には営業時間がありますが、ネットは年中無休24時間営業です。
スピード買取jpではホームページ上で24時間いつでも買取の申し込みをすることができます。
申し込みがあると、すぐにコールセンタースタッフから確認の電話が来るので、スムーズに買取手続きを進める事ができます。
(深夜などの申し込みには、翌朝の連絡となることがあるようです)

・人に会わなくても買い取りできる
ネット店では出張買取と宅配買取を選べるケースが多いです。
出張買取はその名の通り自宅まで査定員が来て、買い取りをおこないます。
目の前でしっかりと査定をしてくれるので、安心して任せられます。
買取プレミアムでは女性の査定員を指名できるサービスもあります。

荷物を運ぶ手間も無く、買い取り当日に現金払いしてもらえる点がメリットとしてあります。
一方、人に自宅を知られてしまう、よその家の目が気になるといったデメリットも存在します。

宅配買取は買取して欲しいアイテムを送るだけで、買い取りが完了する仕組みです。
宅配の送料は無料の場合が多く、出張査定と同様こちら側の負担はゼロ円です。
人に会いたくない、時間が無い、という人にはぴったりの買い取り方法ですが、発送する手間や目の前で査定をしてもらえない点、入金まで時間がかかる点がデメリットとして挙げられます。

・販路が広いから値崩れしない
ネットの買い取り店は、日本だけでなく世界中に販路を持っています。
なので、在庫が余っているから買取額が下がるということは無く、常に高い買取額を維持することができます。

知名度や露出ではまだまだマイナーな存在のネット買取店ですが、店舗型の買い取り店よりメリットが多いことは確かです。
お店選びに迷ったら、まずはネット買取店を調べてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい