これどうなの?ブランドバッグ買取のギモン解決


ブランドバッグを買取してもらう時によく聞かれる疑問と回答をまとめてみました。

目次
バッグの買取額を高くする方法はあるの?
買取の時に貴金属を要求されたりしないの?
買取額はどうやって決まっているの?

バッグの買取額を高くする方法はあるの?

バッグの買取額を少しでもアップさせる方法は、買取の直前でも出来ることと、普段から心がけることの2種類があります。
それぞれをご紹介していきます。

買取直前にできる買取額をアップさせる方法

買取直前でも、少し準備するだけで買取額をアップさせる方法があります。
下記を参考にちょっと準備をしてみませんか?

  • Gカード(ギャランティーカード)を用意する。
    Gカードはそのバッグが本物であること証明する大切なものです。
    バッグ内側に付いているシールと同じ番号が振られています。バッグ内側のシールもはがさないようにしてください。
  • 購入時の付属品を全て揃える。
    購入時に付いてきた箱、袋、バッグの付属品など全て用意してください。
    ちゃんと揃っているほど、買取額がアップします。
  • ホコリと汚れを落とす。
    バッグに付着したホコリや汚れをキレイにすることで、買取額がアップします。
    乾いた布で軽く拭く程度で良いのでバッグの細かい部分までしっかりやるようにしましょう。
    市販のメンテナンス用品を使った掃除は、逆に汚してしまう可能性もあるのでやめておいた方が良いでしょう。

普段から心がけること

買取額をアップさせる一番の方法は、普段からキレイに使うことです。
状態の良いバッグはそれだけ高値になります。
シャネル推奨のバッグの使用方法は次のとおりです。

  • バックをしまうときは、必ず立て掛けて置いて下さい。また型崩れのないよう薄紙で詰め物して下さい。チェーンは外側の革に触れないように、バック内の詰め物の紙の中にしまってください。
  • バックには物を入れすぎないようにして下さい。荷重から型崩れが起こったり、またチェーン、チャック、留め金の取り付け部分に極端な力がかかり破損の原因になることがあります。
  • シャネルバッグに使用されている革は特別ななめし方法で革の柔軟性が保たれております。そのため革の表面が生き生きとし通気性や吸水性があります。したがって水、油、香水、化粧品等がかかることのないようにご注意下さい。
  • ワックス、テレピン油、オイル、染み抜き、アルコール、各種溶剤などはご使用にならないでください。
  • 淡い色のバックは光に非常に敏感です。強力な光線(陽光、スポットライト、蛍光灯など)に長い間あてますと革が黄ばんだり褪せたりします。
  • 革の手入れは無染色の柔らかいウールの布で軽く拭いてください。堅い素材や表面のざらざらした素材にあたることがないようにしてください。
  • バッグに水がかかった場合は、革を拭くのではなく、やわらかいウールの布で軽く叩くようにして布に水分を吸収させます。

普段の使い方にちょっと気をつけるだけで、バッグを良い状態に保つことができます。
そうすることで、買取価格も高い値段が付くようになります。

買取の時に貴金属を要求されたりしないの?

出張買取では「貴金属を要求された」という話をよく聞きます。
実際どうなのか、当サイトでも紹介しているスピード買取jpの担当者にお話を伺いました。

「弊社でも貴金属を取り扱っておりますのでお客様に貴金属など他の買取商品のご案内をさせて頂いておりますが、あくまでご案内なので、該当するものが無ければ無いとお断り頂いて大丈夫です。
また、無理やり商品を買い取ることがないようお客様相談室も設置しており、アフターフォローやクーリングオフの対応も行っています。」

買取店によっては貴金属を無理やり買い取ってしまうというお店もあるようですが、スピード買取jpではそのようなことは無いようです。
お客様相談室もあるので、いざという時に相談できるのも心強いですね。

買取額はどうやって決まっているの?

ブランドバッグの買取価格がどうやって決まっているか気になりますよね?
プロの査定員は、次のような視点でバッグをチェックしています。

種類
人気のあるショルダーバッグやハンドバッグが良い。
デザイン
普段使いに向いているデザインが良い。
製造年
製造年が新しいほど良い。
保存状態
傷、汚れ、型崩れなどが少ないほど良い。
付属品
全て揃っているほど良い。

新品のブランドバッグで定価の80%まで、中古でMAX60%の買取価格となるようです。
プレミア感ある限定物でも、定価を上回ることは無いようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です